9割失敗も…チェーン店に負けない“小さな繁盛店”の作り方

公開日:

「働き方改革」なんて言っても、体のいい賃金カットの口実だろう。ゆでガエルになる前に転職や起業を考えているサラリーマンも多いはず。独立するなら、リスクを最小限に抑えて小さな店を始める方法がある。

「小規模店は小資本で開業できるのが最大のメリット。立地にもよりますが、立ち飲み屋だったり、宅配弁当店なら100万円の資金から開業できます。特に飲食店は、利用者を満足させるサービスや味を提供することができれば集客が見込みやすい。人手不足のこの時代に人件費がかかりにくいのもメリットです。必ずしも大規模チェーンに負けるわけではありません」

 こう語るのは、3500店舗に上る店舗開発や立地調査の指導実績を持つ飲食店コンサルタントの赤土亮二氏だ。例えば、立ち食いそば屋やジュースバーなら300万円、パスタ店やショットバーなら500万円前後、喫茶店や居酒屋だったら1000万円という具合に、業種によってそれぞれ開業資金の目安があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る