• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

9割失敗も…チェーン店に負けない“小さな繁盛店”の作り方

「働き方改革」なんて言っても、体のいい賃金カットの口実だろう。ゆでガエルになる前に転職や起業を考えているサラリーマンも多いはず。独立するなら、リスクを最小限に抑えて小さな店を始める方法がある。

「小規模店は小資本で開業できるのが最大のメリット。立地にもよりますが、立ち飲み屋だったり、宅配弁当店なら100万円の資金から開業できます。特に飲食店は、利用者を満足させるサービスや味を提供することができれば集客が見込みやすい。人手不足のこの時代に人件費がかかりにくいのもメリットです。必ずしも大規模チェーンに負けるわけではありません」

 こう語るのは、3500店舗に上る店舗開発や立地調査の指導実績を持つ飲食店コンサルタントの赤土亮二氏だ。例えば、立ち食いそば屋やジュースバーなら300万円、パスタ店やショットバーなら500万円前後、喫茶店や居酒屋だったら1000万円という具合に、業種によってそれぞれ開業資金の目安があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る