専門家が解説「AIで人間の仕事が奪われることはない」

公開日:

 合わせて3万人超の人員削減を発表した3メガバンク。人間の仕事は「AI(人工知能)やロボットへ代替可能」になり、大リストラ時代の幕が開けたといわれる。しかし、この論に異を唱えるのが、「東洋経済HRオンライン」元編集長で、現在は東洋経済新報社編集局メディア編集委員の田宮寛之氏だ。

「1980年代初頭、キーパンチャーからコンピューターに移行する際も同じようなことがいわれましたし、ウィンドウズ95が職場にやってきた時も同様でした」とこう続ける。

「しかし、結果として人間の労働力は不要とはならず、むしろ、より高度なサービスが提供され、技術の進歩により新たな産業も生まれました。例えば、これからの注目のひとつが、セルロースナノファイバー(CNF)です。簡単に言うと、木材をナノレベルまで細かく砕き、固めたもの。重さは鉄の5分の1で強度は鉄の5倍もある。森林大国の日本では、材料はそこら中にあります。いずれ自動車や航空機のボディーがCNFに置き換わり、樹脂製のスマホもこれに替わる。富山県高岡市の中越パルプ工業が開発に熱心で、今年6月に年間100トンの製造工場を鹿児島県薩摩川内市に稼働させました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る