• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家が解説「AIで人間の仕事が奪われることはない」

 合わせて3万人超の人員削減を発表した3メガバンク。人間の仕事は「AI(人工知能)やロボットへ代替可能」になり、大リストラ時代の幕が開けたといわれる。しかし、この論に異を唱えるのが、「東洋経済HRオンライン」元編集長で、現在は東洋経済新報社編集局メディア編集委員の田宮寛之氏だ。

「1980年代初頭、キーパンチャーからコンピューターに移行する際も同じようなことがいわれましたし、ウィンドウズ95が職場にやってきた時も同様でした」とこう続ける。

「しかし、結果として人間の労働力は不要とはならず、むしろ、より高度なサービスが提供され、技術の進歩により新たな産業も生まれました。例えば、これからの注目のひとつが、セルロースナノファイバー(CNF)です。簡単に言うと、木材をナノレベルまで細かく砕き、固めたもの。重さは鉄の5分の1で強度は鉄の5倍もある。森林大国の日本では、材料はそこら中にあります。いずれ自動車や航空機のボディーがCNFに置き換わり、樹脂製のスマホもこれに替わる。富山県高岡市の中越パルプ工業が開発に熱心で、今年6月に年間100トンの製造工場を鹿児島県薩摩川内市に稼働させました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る