【アボカドとクルミのマスカルポーネ】ねっとり濃厚な食感にカリッのアクセント

公開日: 更新日:

日本酒Dining 根岸 川木屋(台東区根岸)

 ほんのりとした甘味を感じられるマスカルポーネは、ねっとりと濃厚な食感が特徴のクリームチーズだ。塩分が少ないので、ティラミス、チーズケーキ、ムースといったデザートに使われることが多い。

 原産はイタリアだが、川木さんは「いろいろ試してみたんですが、『雪印北海道100マスカルポーネ』が一番合いますね」と言う。合わせるアボカドも「森のバター」と呼ばれる濃厚な食材。カリフォルニアロールの具材などに使われ、醤油との相性もいい。甘じょっぱいつくだ煮とも合う。

 そこにカリッという歯応えのクルミを加えるところは、食感のアクセントにこだわる川木さんらしい。「ほかの店に食べに行った時、マスカルポーネとアボカドに甘納豆を合わせたメニューがあったんです。それもおいしかったんですが、食感が似通った食材ばかりで、ナッツ類の方が面白いと思ったんですね」

 豊かな味わいのウイスキーと一緒にどうぞ。

《材料》
・アボカド  2分の1個
・マスカルポーネチーズ           大さじ3
・クルミとコウナゴのつくだ煮 アボカドの3分の1の量

《作り方》
(1)ボウルにアボカド、マスカルポーネチーズ、クルミとコウナゴのつくだ煮を入れ、混ぜ合わせる。
(2)皿にバルサミコソース(分量外)を細いラインを書くように敷き、①を盛り付ける。
※バルサミコソースの作り方 小鍋にバルサミコ酢と蜂蜜(3対1の割合)を入れて弱火にかけ、3分の1の量になるまで30分ほど煮詰める。火からおろすタイミングを間違えると、ソースが緩くなったり硬くなったりするので慎重に。

今日の達人 川木一伸さん

▽かわき・かずのぶ
 1963(昭和38)年10月1日、東京生まれ。大卒後、8年間のサラリーマン生活を経て、父親が始めた「西日暮里 鳥のぶ」を引き継ぐ。新鮮な地鶏の刺し身と一年中食べられる生かきが評判となり、同店を予約の取れない人気店に押し上げた。

●根岸 川木屋
 日本酒をメインにした「西日暮里 鳥のぶ」の2号店。本店で評判の「地鶏刺六点盛合せ」「生かき」のほか、鮮魚の刺し身、バルサミコ酢やゴルゴンゾーラをソースに使った創作料理などで左党を魅了する。締めのカツサンド、パスタも絶品。
台東区根岸3―11―5
℡03・6883・3344

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る