野郎ラーメンは月8600円で毎日1杯 飲食店定額制はお得か

公開日: 更新日:

 音楽や動画などネット上のサービスは、月決めの固定料金が定着している。たとえば、動画なら何作でも視聴できるサービスで、こうしたビジネスモデルは「サブスクリプション方式」と呼ばれる。

 そんなサービスが、飲食業界にも波及。「野郎ラーメン」は今月1日、優待サービスとして「1日一杯野郎ラーメン生活」をスタート。専用アプリをダウンロードして、月額8600円(税抜き)で手続きすれば、関東15店で豚骨野郎(780円・税込み=以下同)、汁無し野郎(830円)、味噌野郎(880円)のいずれかが1日1杯食べられる。

 豚骨野郎なら12杯で元が取れ、31日食べれば2万4180円相当。実に6割引きだ。

 西新宿のコーヒーショップ「coffee mafia」は、月額2000円でコーヒーが何杯でもお代わり自由で、横浜や池袋などに展開する「HANDEL’s CAFE」も定額会員を募っている。どれもオトクで、ほかの業態にも広がりそうだ。なぜ飲食で定額制が普及しているのか。B級グルメ王・柳生九兵衛氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  9. 9

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  10. 10

    安倍命、次は菅に雪崩で国民愚弄 自民党政権は下野が当然

もっと見る