野郎ラーメンは月8600円で毎日1杯 飲食店定額制はお得か

公開日:

 音楽や動画などネット上のサービスは、月決めの固定料金が定着している。たとえば、動画なら何作でも視聴できるサービスで、こうしたビジネスモデルは「サブスクリプション方式」と呼ばれる。

 そんなサービスが、飲食業界にも波及。「野郎ラーメン」は今月1日、優待サービスとして「1日一杯野郎ラーメン生活」をスタート。専用アプリをダウンロードして、月額8600円(税抜き)で手続きすれば、関東15店で豚骨野郎(780円・税込み=以下同)、汁無し野郎(830円)、味噌野郎(880円)のいずれかが1日1杯食べられる。

 豚骨野郎なら12杯で元が取れ、31日食べれば2万4180円相当。実に6割引きだ。

 西新宿のコーヒーショップ「coffee mafia」は、月額2000円でコーヒーが何杯でもお代わり自由で、横浜や池袋などに展開する「HANDEL’s CAFE」も定額会員を募っている。どれもオトクで、ほかの業態にも広がりそうだ。なぜ飲食で定額制が普及しているのか。B級グルメ王・柳生九兵衛氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る