野郎ラーメンは月8600円で毎日1杯 飲食店定額制はお得か

公開日: 更新日:

 音楽や動画などネット上のサービスは、月決めの固定料金が定着している。たとえば、動画なら何作でも視聴できるサービスで、こうしたビジネスモデルは「サブスクリプション方式」と呼ばれる。

 そんなサービスが、飲食業界にも波及。「野郎ラーメン」は今月1日、優待サービスとして「1日一杯野郎ラーメン生活」をスタート。専用アプリをダウンロードして、月額8600円(税抜き)で手続きすれば、関東15店で豚骨野郎(780円・税込み=以下同)、汁無し野郎(830円)、味噌野郎(880円)のいずれかが1日1杯食べられる。

 豚骨野郎なら12杯で元が取れ、31日食べれば2万4180円相当。実に6割引きだ。

 西新宿のコーヒーショップ「coffee mafia」は、月額2000円でコーヒーが何杯でもお代わり自由で、横浜や池袋などに展開する「HANDEL’s CAFE」も定額会員を募っている。どれもオトクで、ほかの業態にも広がりそうだ。なぜ飲食で定額制が普及しているのか。B級グルメ王・柳生九兵衛氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る