• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“昭和の街”の一角に人気作家たちが通った文壇バーが残る

横丁はこの看板が目印。有名作家のボトルは昔のまま(左から豊田行二氏、小林秀美氏、笹沢佐保氏のもの)/(C)日刊ゲンダイ

 今日はJR東中野駅で下車。新宿から2駅目なのにあか抜けない感じね。駅界隈は、ポツポツと飲み屋はあるものの日が落ちると薄暗いし。

 まずは、駅東口を北側に。おそらく昔から営業してたであろう小さな化粧品屋やパチンコ店が並び、懐かしい気分に。と、駅から数…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る