田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

ラジオから流れる村田英雄「王将」を聴いて将棋を始めた

公開日:

 実は、私は小学6年だった62年の夏休み、ラジオから流れた「王将」を聴いたのがきっかけで将棋を覚えた。そして将棋にたちまち熱中し、65年には棋士をめざしていた。私にとって、とても思い出が深い歌である。

 紅白歌合戦にゲスト審査員で登場した、ほかの棋士たちも紹介する。

 72年に名人を24歳で初めて獲得した中原名人、83年に名人を21歳で初めて獲得した谷川名人、93年に名人を49歳で初めて獲得した米長邦雄名人、94年に名人を23歳で初めて獲得した羽生善治名人、96年に女流棋士で初の四冠王になった清水市代女流四冠(当時27)、97年に十七世名人の永世称号を取得した谷川名人、00年に公式戦で通算1000勝を達成した内藤国雄九段(同61)らがいる。

 それぞれの年に最も話題になった棋士が依頼されたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る