• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進化生物学的にも理にかなう 妻の不倫を防ぐ“夫の3カ条”

「こうすることでメスは子育てを手伝ってもらえるし、子孫に多様性を持たせることもできる。遺伝子を確実に残すという意味では、理にかなっています」(小松正氏)

 子煩悩でマジメな夫がいながら、よその男と情事に走る不倫妻。人間界に通じるではないか。

 道徳的にはともかく、進化生物学的には合理性がありそうな不倫行動。「平凡なオス」に何か予防策はあるのだろうか――。女性向けサイトの元編集長で、女性の恋愛事情に詳しいコラムニストの東香名子氏がこう言う。

「とにかく妻の話に共感しながら耳を傾けること。目を見て『ありがとう』と言うことも大切です。あとは誕生日などの記念日を忘れないこと。高価なものでなくても構わないのでプレゼントも渡しましょう。とにかく妻に『大事にされている』『守られている』『愛されている』と実感させることが大切です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る