• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スペックより用途 富士フイルム「Xシリーズ」成功の理由

「富士フイルムはもともとフィルムメーカーであり、長年にわたって色や映像を作ってきた。その知恵と経験は大きな武器だと考えている」(鵜殿氏)

 Xシリーズは11年、「X100」の発売から始まった。レンズが固定式のX100(現在はX100F)は、カテゴリーでいえばコンパクトカメラだが、従来のそれとは非なるもの。プロの写真家やハイアマチュアもターゲットにした仕様は、高級コンパクトカメラとして大反響を呼んだ。このヒットを受けて翌12年、いよいよ、同社初のレンズ交換式ミラーレスデジタルカメラ「X―Pro1」(現X―Pro2)が登場となり、14年には「X―T1」(現X―T2)も投入。人気を不動のものにした。

 交換レンズ「フジノンXマウントレンズ」も勝因だ。Xシリーズは、小型軽量のために、プロ向け一眼レフに広く搭載されているセンサーよりも一回り小型なAPS―Cセンサーを採用。それでも高画質を実現できたのは、富士フイルム独自のセンサー性能に加え、マウントとレンズ設計を最適化したことが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事