• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【とうもろこしとクリームチーズのかき揚げ】熊本居酒屋の定番メニューをイタリアン風に

旬家はちどり(熊本・熊本市)

 とうもろこしのかき揚げは熊本の居酒屋定番メニューだ。店によって、とうもろこしをタテに切ったもの、輪切りなど形もさまざま。はちどりでは、クリームチーズと合わせ、イタリアン風にオリーブオイルと塩で味わう。クリームチーズを使ったメニューが多いのも熊本の特徴。馬肉や魚など鮮度のいい食材が豊富なだけに新鮮なものはシンプルに食べる。その分、調理を加えるものは油で揚げたり、食べごたえのあるものが好まれる傾向が強い。

「クリームチーズは日本酒、ワイン、サワー、どんな酒とも相性が良く、つまみに使いやすい食材です。“クリームチーズの揚げ出し”や、のりで巻いて食べる“たいわた和え(写真右奥)”も人気です。パッと出せる便利な食材なんですよ」と喰田さん。

 クリームチーズは「2度揚げ」が基本。1度揚げた余熱で中のチーズに熱が入るようにして、もう1度揚げると衣はサクサク、中がアツアツに仕上がる。

 たいわた和えは、イカの塩辛などで代替すれば、コンビニ食材でできる簡単メニュー。塩辛単品より味がまろやかで食べごたえが出る。

《材料》(2人分)
・クリームチーズ 50グラム
・スイートコーン(缶詰・粒) 大さじ6
・小麦粉 小さじ2
・水 少々
・クレソン 少々
・バジル 少々
・塩 少々

【揚げ衣】
・小麦粉 小さじ2
・水 小さじ1
・卵黄 少々
・サラダ油(揚げ油) 適量

《レシピ》
(1)ボウルに、クリームチーズ、スイートコーン、小麦粉、水を一度に入れて手で混ぜ、大さじ程度の団子状にする。
(2)揚げ衣用の小麦粉と水、卵黄を混ぜ、①をくぐらせる。揚げ衣はうっすら付くぐらいでOK。
(3)180度の油で2度揚げする。1度目は4~5分、2度目は3分程度。
(4)油を切って皿に盛ったら、クレソンとバジルで盛り付け、塩とオリーブオイルを添える。

今日の達人 喰田信治さん

●しょくた・しんじ
 旬家はちどり料理長。1977年生まれ、高校時代の居酒屋アルバイトから料理の道へ。創作和食の店で修業を積み、現在店舗の料理長に就任。開店当初のカラーを保ちつつ、地元の旬な食材を使った、年齢層を問わず好まれるメニュー作りに定評がある。

●旬家はちどり
 豚肉・馬肉・魚など地元食材を生かした熊本市内の創作居酒屋で、地元リポーターの常盤よしこ氏もオススメの名店。熊本に蒸し鍋を初めてメニューに加えたことでも話題に。市内にグループ店舗の「ナナイロ」「奥ざしき たつのこ」がある。

熊本市中央区下通1―2―10
℡096・355・7818

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る