私大は中央大・立教大 国公立は阪大・富山大が人気急上昇

公開日:

 志願者数で暫定トップを走っているのは、近畿大学だ。「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が言う。

「近大は5年連続1位が予想されます。医学部、農学部(水産学科)や薬学部など理系学部は、すべての大学で充実しているわけではないので、全国から受験者が集まる。首都圏からの出願者も増えていると聞きます」

 別表は、全国主要私大の志願者数トップ10(1月31日現在、「大学通信」調べ)だ。法大、早大、明大、日大の上位5位までがすでに10万人を超えている。

「昨年は私大志望者が激増し、前年の約8%増になった一方で、政府が都内の大学の水増し合格者を制限しました。都内の人気大学の合格者数は軒並み減り、その傾向は今年も同様です。そのため、今年は受験者1人あたりが併願校を増やしています。注目は、中央大学と立教大学です。現時点で、昨年の志願者数を大きく上回りました。いずれも英検など外国語外部試験を利用した入試やセンター利用入試など、入試方法の充実も影響したのでしょう」(安田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る