玩具人気は下火 ついいじる「フィジェットトイ」次の流行

公開日:

 フィジェット(Fidget)とは「いじくりまわす」という意味の英語で、「フィジェットトイ」は「ついついイジってしまうオモチャ」のこと。これが今、注目されている。

 フィジェットトイ事情に詳しいおもちゃクリエーターの高橋晋平氏が言う。

「昨年大流行した『ハンドスピナー』がまさにそれです。ついつい回してしまうのがミソで、消費者のハートをつかんだ。『スクイーズ』は、低反発スポンジによるムニュムニュ感が、ついイジりたくさせるのと同時に、ドーナツやケーキそっくりの見た目が『カワイイ!』と小学生女子の間で流行中。アメリカでは『タングル』というクネクネ動かすフィジェットトイが30年以上前からあり、累計1億数千万個以上売れています。いずれもゲーム性やルールはなく、ついついイジってしまうのが特徴です」

 高橋さんが開発に携わった「∞(むげん)プチプチ」もそのひとつ。このフィジェットトイ、一体いつ、どこで始まったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る