• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アマゾン取引先に“協力金”要求 利用者の負担は増えるのか

 アマゾンジャパンが食品や日用品など取引先の国内メーカーに対し、販売額の1~5%を「協力金」として支払うように要求――28日付の日本経済新聞がそう報じて、ざわついている。

「米アマゾンは全体の総売上高こそ右肩上がりですが、営業利益率はほぼ横ばい状態です。そんなところへ日本市場では配送コストが重くのしかかってきた。ヤマト運輸と昨年秋までに配送料を4割程度引き上げることで合意。日本市場の昨年12月期の売上高は10%増ですが、このままでは売れれば売れるほど利益を圧迫することになりかねません。で、11月ごろから取引先に協力金のお願いを始めたといいます。コストを分担してよってわけです」(業界関係者)

 アマゾンは一方的だと反発する取引先も出ているというが、もし要求をのんだら、価格に転嫁するか自社の利益をカットするかという選択を迫られる。となると、利用者の負担増の可能性も出てくるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る