アマゾン取引先に“協力金”要求 利用者の負担は増えるのか

公開日: 更新日:

 アマゾンジャパンが食品や日用品など取引先の国内メーカーに対し、販売額の1~5%を「協力金」として支払うように要求――28日付の日本経済新聞がそう報じて、ざわついている。

「米アマゾンは全体の総売上高こそ右肩上がりですが、営業利益率はほぼ横ばい状態です。そんなところへ日本市場では配送コストが重くのしかかってきた。ヤマト運輸と昨年秋までに配送料を4割程度引き上げることで合意。日本市場の昨年12月期の売上高は10%増ですが、このままでは売れれば売れるほど利益を圧迫することになりかねません。で、11月ごろから取引先に協力金のお願いを始めたといいます。コストを分担してよってわけです」(業界関係者)

 アマゾンは一方的だと反発する取引先も出ているというが、もし要求をのんだら、価格に転嫁するか自社の利益をカットするかという選択を迫られる。となると、利用者の負担増の可能性も出てくるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る