• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【チキンと野菜のグリル、サルモリリオ添え】BBQに欠かせない

ピノサリーチェ(東京・渋谷)

「万能ソース。バーベキューに行くと、必ずサルモリリオが出てきました」(柳シェフ)

 よくバーベキューに行っていた。キリスト教の復活祭(春分の日の後の、最初の満月の次の日曜)の翌日は決まって、家族や友人たちと。

 ちょうど気候のいい季節。柳シェフの仲間だから、当然みなさんコックさんなのだが、この日ばかりは「手をかけて何か作って」というより、シンプルに肉や野菜を焼き、サルモリリオをかけるだけ。冷えた白ワインをごくごく飲んで、甘味いっぱいの野菜を頬張る。気分は最高! 

 日本でも、あと1カ月ほどで花見の季節。サルモリリオを携えて、桜の木の下でバーベキューを楽しんではいかが。

《材料》
・鳥もも肉
・好みの野菜

【サルモリリオ】
・刻んだニンニク
・ワインビネガー(レモン汁でもいい)
・オレガノ
・刻んだイタリアンパセリ
・一味唐辛子(生唐辛子でもいい)
・塩
・エキストラバージンオリーブオイル

《レシピ》
 サルモリリオの材料を全て混ぜる。鳥もも肉と好みの野菜を焼き、サルモリリオをかけて食べる。肉、野菜、魚など何にでも合う。エキストラバージンオリーブオイルの味がダイレクトに出るので、質の良いものを。

今日の達人 栁令子さん

▽やなぎ・れいこ
 1993年成蹊大学法学部卒業後、東京誠心調理師専門学校に進学。研修先のイタリアでイタリア料理に魅了され、イタリアのプーリア州「cibus(チーブス)」、シチリア州「リストランテ・ドゥオモ」で経験を積み、2004年、ドルチェ担当の赤松恭子さんと共に「ピノサリーチェ」をオープン。

●ピノサリーチェ
 プーリア州やシチリア州を中心に南イタリアの郷土料理がメニューに並ぶ。ワインは白赤ともにグラスで各種用意。3皿、5皿、8皿と選べる「季節の小皿前菜」をつまみにカウンターで一人飲みも。記者のイチ押しは「ポモドーロ」。創業当時からお世話になっているが、十数年、ここ以上の味に出合ったことなし。スタッフの仲が良く、赤松さんとソムリエの“福ちゃん”との掛け合いも楽しみのひとつ。18~23時。日曜定休。
東京都渋谷区鴬谷町15―10
℡03・3496・3555

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る