• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日銀の逆を行く 西友がセブンがドンキが値下げ続々の狙い

 大手スーパー「西友」は5日、食品や飲料など100品目を平均約7%値下げしたと発表した。一部を除き期間限定。西友は先月22日、食品や日用品など約500品目を平均で約7%値下げしたばかり。「値上げが相次ぎ、節約志向が高まっている中、生活必需品を中心に、お求めやすい価格にしました」(同社広報)という。

 値下げに踏み切ったのは西友だけじゃない。「セブン―イレブン」は今月25日までコーヒーとパンのセットを200円にするキャンペーンを実施中。「ドン・キホーテ」も6月までの期間限定で、女性向け雑貨の99円均一を180店舗で展開する。

 日銀は必死に物価を上げようとしているが、スーパーやコンビニは、値下げを続けている。

 なぜ、値下げが相次いでいるのか。

「給料が上がらない中、原油価格の高騰で、ガソリン、灯油は高止まりし、3月からは電気、ガス、ビール、ゆうパックなどが値上げされた。それに、平年の倍以上するキャベツや白菜など生鮮野菜は高値が続いています。消費者は、生鮮野菜やエネルギーの値上げはのまざるを得ない。その分、他の買い物はできるだけ安く済ませたいと思っている。“お得感ある価格”には、飛びつく状態です。流通各社も、そんな需要を取り込もうとしているのでしょう」(経済ジャーナリスト・井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る