日銀の逆を行く 西友がセブンがドンキが値下げ続々の狙い

公開日: 更新日:

 大手スーパー「西友」は5日、食品や飲料など100品目を平均約7%値下げしたと発表した。一部を除き期間限定。西友は先月22日、食品や日用品など約500品目を平均で約7%値下げしたばかり。「値上げが相次ぎ、節約志向が高まっている中、生活必需品を中心に、お求めやすい価格にしました」(同社広報)という。

 値下げに踏み切ったのは西友だけじゃない。「セブン―イレブン」は今月25日までコーヒーとパンのセットを200円にするキャンペーンを実施中。「ドン・キホーテ」も6月までの期間限定で、女性向け雑貨の99円均一を180店舗で展開する。

 日銀は必死に物価を上げようとしているが、スーパーやコンビニは、値下げを続けている。

 なぜ、値下げが相次いでいるのか。

「給料が上がらない中、原油価格の高騰で、ガソリン、灯油は高止まりし、3月からは電気、ガス、ビール、ゆうパックなどが値上げされた。それに、平年の倍以上するキャベツや白菜など生鮮野菜は高値が続いています。消費者は、生鮮野菜やエネルギーの値上げはのまざるを得ない。その分、他の買い物はできるだけ安く済ませたいと思っている。“お得感ある価格”には、飛びつく状態です。流通各社も、そんな需要を取り込もうとしているのでしょう」(経済ジャーナリスト・井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る