• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日銀の逆を行く 西友がセブンがドンキが値下げ続々の狙い

 大手スーパー「西友」は5日、食品や飲料など100品目を平均約7%値下げしたと発表した。一部を除き期間限定。西友は先月22日、食品や日用品など約500品目を平均で約7%値下げしたばかり。「値上げが相次ぎ、節約志向が高まっている中、生活必需品を中心に、お求めやすい価格にしました」(同社広報)という。

 値下げに踏み切ったのは西友だけじゃない。「セブン―イレブン」は今月25日までコーヒーとパンのセットを200円にするキャンペーンを実施中。「ドン・キホーテ」も6月までの期間限定で、女性向け雑貨の99円均一を180店舗で展開する。

 日銀は必死に物価を上げようとしているが、スーパーやコンビニは、値下げを続けている。

 なぜ、値下げが相次いでいるのか。

「給料が上がらない中、原油価格の高騰で、ガソリン、灯油は高止まりし、3月からは電気、ガス、ビール、ゆうパックなどが値上げされた。それに、平年の倍以上するキャベツや白菜など生鮮野菜は高値が続いています。消費者は、生鮮野菜やエネルギーの値上げはのまざるを得ない。その分、他の買い物はできるだけ安く済ませたいと思っている。“お得感ある価格”には、飛びつく状態です。流通各社も、そんな需要を取り込もうとしているのでしょう」(経済ジャーナリスト・井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る