• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4割の新入社員が転職検討 “採用氷河期”若手の引き留め方

 来年入社の“就活”が解禁された。ここ数年は「採用氷河期」、要するに売り手市場で、優秀な人材の奪い合いになっている。第2新卒もしかりで、この時期に“転職活動”を始める若者は少なくないという。

 ディスコ「キャリタスリサーチ」が先月発表した「入社1年目のキャリア満足度調査」によると、もう一度大学生として就活するなら、「現在の勤務先企業に入社したい」は約4割。6割近くが他社を希望している。

 実際に転職するのかといえば、現時点で「考えていない」は約6割なのだが、4割は「活動中」や「活動していないが検討中」だ。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏がこう言う。

「現在の就活は3月に解禁し、6月から選考を開始します。インターンなどで事前に始めている学生は多いですが、短いスパンで就職先を決めるわけです。業界・企業研究が十分にできないため、ミスマッチが起こりやすいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る