“やっといて”はイジメ? 同じ言葉でアウトとセーフの理屈

公開日:

 女子レスリングの伊調馨(33)が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けていたと騒ぎになっている。ことの真相は第三者委員会の調査結果に譲るとして、企業社会においてもパワハラは珍しくないが、指導と嫌がらせの線引きはあいまいだ。

 過労自殺した元電通社員・高橋まつりさん(享年24)も、パワハラ被害者といっていいだろう。

 高橋さんは長時間残業を余儀なくされた上、上司に「女子力がない」「髪がボサボサ、目が充血したまま出勤するな」などとののしられ、「休日返上で作った資料をボロくそに言われた」とツイッターでつぶやいた。女子力うんぬんは仕事とは関係なく、明らかなパワハラだろう。では、どんなセリフがアウトか。

 働き方改革総研代表の新田龍氏は、パワハラ被害者の裁判に数多く関わっている。新田氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る