“やっといて”はイジメ? 同じ言葉でアウトとセーフの理屈

公開日:

 女子レスリングの伊調馨(33)が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けていたと騒ぎになっている。ことの真相は第三者委員会の調査結果に譲るとして、企業社会においてもパワハラは珍しくないが、指導と嫌がらせの線引きはあいまいだ。

 過労自殺した元電通社員・高橋まつりさん(享年24)も、パワハラ被害者といっていいだろう。

 高橋さんは長時間残業を余儀なくされた上、上司に「女子力がない」「髪がボサボサ、目が充血したまま出勤するな」などとののしられ、「休日返上で作った資料をボロくそに言われた」とツイッターでつぶやいた。女子力うんぬんは仕事とは関係なく、明らかなパワハラだろう。では、どんなセリフがアウトか。

 働き方改革総研代表の新田龍氏は、パワハラ被害者の裁判に数多く関わっている。新田氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る