• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“やっといて”はイジメ? 同じ言葉でアウトとセーフの理屈

「『職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書』(2016年度版)によると、パワハラが発生する職場に共通する特徴として最も多かった回答が、『上司と部下のコミュニケーション不足』(45・8%)でした。『あれ、やっといて』というありがちなあいまいな指示でも、上司との関係性がある部下は文脈から真意をくみ取ります。

 しかし、関係が希薄な部下だと、『どういう意味なのか』『非難されているのか』と疑心暗鬼になる。それが積み重なると、部下は『いじめられてるんだ』と誤解しかねません。たとえ怒鳴ってもパワハラ呼ばわりされない上司は、怒る意図もきちんと説明します」(新田龍氏)

 電通の一件のように仕事とは関係なく人格を否定したり、会議の場や部内一斉メールなどで公開処刑したりするのは、見せしめ的な要素が強く、明らかにアウトだが、それ以上に無自覚、無知でのパワハラが怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る