• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

餃子が世界に拡大中 ブームはアジアからヨーロッパへ

 激戦区は神保町、蒲田、立川……。さて、このエリアが何の激戦区かというと餃子(ギョーザ)である。餃子好きを自任する知人の巨漢営業マンは、「いや、新橋と赤坂は外せません」と、待ったをかける。

 確かに数年前から餃子はちょっとしたブーム。餃子女子なる言葉ができたり、渋谷では餃子とワインの組み合わせが女性にウケて成功した人気店もある。

 東京餃子通信の塚田亮一編集長が言う。

「ちょっと前からスペインバル形式のオシャレな餃子専門店が続々できて人気です。街中華とはまるで雰囲気が違います。赤坂の『GYOZA!365』や高円寺から移転した餃子バルの元祖、『餃子バル』などが典型。もっとも、餃子ブームは日本だけではありません。大阪王将はアジアに進出。台湾やシンガポール、タイなど数カ国に支店がありますし、フランス・パリでも日本人が開いた餃子専門店がヒットし餃子が注目されています。チャオズとかダンプリンの呼び方でなく『GYOZA』で広まっている点がいい。世界的流行のキッカケになると面白いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る