• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

餃子が世界に拡大中 ブームはアジアからヨーロッパへ

 激戦区は神保町、蒲田、立川……。さて、このエリアが何の激戦区かというと餃子(ギョーザ)である。餃子好きを自任する知人の巨漢営業マンは、「いや、新橋と赤坂は外せません」と、待ったをかける。

 確かに数年前から餃子はちょっとしたブーム。餃子女子なる言葉ができたり、渋谷では餃子とワインの組み合わせが女性にウケて成功した人気店もある。

 東京餃子通信の塚田亮一編集長が言う。

「ちょっと前からスペインバル形式のオシャレな餃子専門店が続々できて人気です。街中華とはまるで雰囲気が違います。赤坂の『GYOZA!365』や高円寺から移転した餃子バルの元祖、『餃子バル』などが典型。もっとも、餃子ブームは日本だけではありません。大阪王将はアジアに進出。台湾やシンガポール、タイなど数カ国に支店がありますし、フランス・パリでも日本人が開いた餃子専門店がヒットし餃子が注目されています。チャオズとかダンプリンの呼び方でなく『GYOZA』で広まっている点がいい。世界的流行のキッカケになると面白いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る