餃子が世界に拡大中 ブームはアジアからヨーロッパへ

公開日:

 激戦区は神保町、蒲田、立川……。さて、このエリアが何の激戦区かというと餃子(ギョーザ)である。餃子好きを自任する知人の巨漢営業マンは、「いや、新橋と赤坂は外せません」と、待ったをかける。

 確かに数年前から餃子はちょっとしたブーム。餃子女子なる言葉ができたり、渋谷では餃子とワインの組み合わせが女性にウケて成功した人気店もある。

 東京餃子通信の塚田亮一編集長が言う。

「ちょっと前からスペインバル形式のオシャレな餃子専門店が続々できて人気です。街中華とはまるで雰囲気が違います。赤坂の『GYOZA!365』や高円寺から移転した餃子バルの元祖、『餃子バル』などが典型。もっとも、餃子ブームは日本だけではありません。大阪王将はアジアに進出。台湾やシンガポール、タイなど数カ国に支店がありますし、フランス・パリでも日本人が開いた餃子専門店がヒットし餃子が注目されています。チャオズとかダンプリンの呼び方でなく『GYOZA』で広まっている点がいい。世界的流行のキッカケになると面白いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る