田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

女流棋界を盛り上げた レジェンド蛸島彰子が明るく引退

公開日: 更新日:

 現役の女流棋士で最高齢の蛸島彰子女流六段(72)が、2月16日の対局で敗れて引退した。

 実は、女流棋界には年間成績が悪いと「降級点」に該当する制度があり、累積すると年齢にかかわらず引退となる。

 蛸島は43年間にわたる現役時代で、降級点に該当することはこれまでなかった。しかし、昨年12月、残りの2棋戦で敗退した時点で引退すると表明した。

 その理由は、公式戦の通算成績が5割を保ったまま引退することが「自分にとって小さな誇り」だからという。私は、蛸島の潔さに大いに感服した。

 蛸島は小学5年のとき、父親から将棋を習って熱中した。そして日本将棋連盟が創設した「初等科」(棋士養成機関の奨励会の予備校)に入会した。

 蛸島は1961(昭和36)年、初等科から編入されて奨励会に15歳、7級で入会した。将棋連盟は紅一点の蛸島に、5勝5敗で昇級(通常は6連勝か9勝3敗)という特例を設けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る