リア充だってお手伝い 最新「代行サービス」の使い勝手

公開日:

 既婚者世帯のうち3世帯に2世帯は共働きだ。仕事や家事、育児に疲れているのか、「代行サービス」が花盛りだ。最前線を探った。

 たとえば、衣類のクリーニングは、コートやセーター、ワイシャツなど家で洗うのが難しいモノを洗ってもらうが、洗濯代行は違う。Tシャツやジーパン、下着など日常の衣類をまとめて洗ってくれて、畳んで戻してもくれる。料金は洗濯機2回分ほどの量で3000円前後。安くはないが、忙しい共働き世帯などに好評だという。

 飲食店検索サイトの「ぐるなび」では、用途や場所、予算などの希望を伝えれば、専任のスタッフが店選びから予約まで全部やってくれる「予約代行コンシェルジュ」が人気。「日本郵便」は、フリマアプリやオークションサイト利用者向けの商品配送代行サービスをスタート。手書きの送り状が不要で、料金の決済もECサイト上で完結するため、発送時に配送料金を現金で支払う必要がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る