リア充だってお手伝い 最新「代行サービス」の使い勝手

公開日:

 既婚者世帯のうち3世帯に2世帯は共働きだ。仕事や家事、育児に疲れているのか、「代行サービス」が花盛りだ。最前線を探った。

 たとえば、衣類のクリーニングは、コートやセーター、ワイシャツなど家で洗うのが難しいモノを洗ってもらうが、洗濯代行は違う。Tシャツやジーパン、下着など日常の衣類をまとめて洗ってくれて、畳んで戻してもくれる。料金は洗濯機2回分ほどの量で3000円前後。安くはないが、忙しい共働き世帯などに好評だという。

 飲食店検索サイトの「ぐるなび」では、用途や場所、予算などの希望を伝えれば、専任のスタッフが店選びから予約まで全部やってくれる「予約代行コンシェルジュ」が人気。「日本郵便」は、フリマアプリやオークションサイト利用者向けの商品配送代行サービスをスタート。手書きの送り状が不要で、料金の決済もECサイト上で完結するため、発送時に配送料金を現金で支払う必要がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る