• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年も入社してくる 企業を悩ます「帰国子女」新人の実態

 また新入社員がやってくる季節だ。が、今年も現場の採用担当者から不安の声が聞こえてくる。帰国子女の新入社員のこと。大手電機メーカーの人事担当社員が嘆く。

「技術系の学生でもTOEIC試験では900点を超え、技術論文もうまい。討論は理路整然と持論を展開し、他を圧倒した。面接でもほとんどの担当者が採用に二重丸。ですが、入社後が問題でした……」

 この学生は有名私立大をトップで出た帰国子女。前出の担当者が続ける。

「会議の場では人の意見は聞かない。商品開発では先に製品ができないことを証明しようとする。商品開発は基礎研究を応用するスキルが必要なんです。彼らが持っているのは修士や博士論文を書くスキル。メーカーが何たるかを全く分かっていない、役に立たないエリートなんです」

 この新入社員は1年足らずで会社を辞め、大学の研究室に引き取ってもらったという。大手自動車メーカーでも人事担当者が嘆く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る