テレビは来年まで我慢 家電を安く買うポイントは4つ

公開日: 更新日:

新生活で家電買い替え

 新生活をスタートさせるはずが“引っ越し難民”と化し、必要な家電製品も買えていない。そんな人は、むしろ待ったほうがよさそうだ。

「家電は、自分の都合で買うと損をします」

 そう話すのは、生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏。家電を安く買うためには、4つのポイントがあるという。

①新型モデルの1カ月後から旧式が安くなる。
②家電量販店の本決算2~3月中旬と半期決算の9月中旬が安い。
③需要の少ないシーズンオフが安い。
④6月中旬のボーナス時など、ライバル店との競争激化の時期が安い。

 これらを逆算すれば、何をいつ買えば最も安く買えるのかが分かる。時期をずらすだけで、半額以下で買えることもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る