• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<5>ジャンボ尾崎の機嫌を直した宮沢りえの一言

 大隅さんは、43歳でゴルフ担当に変わる。時はバブル景気、そして尾崎将司の絶頂期だった。

「当時のジャンボってのはすごい人気でね。まさしくジャンボの時代でした。1992年1月1日付のスポニチ1面、つまり元日の新聞をその『ジャンボと宮沢りえを使って表紙を作りたい』と文化社会面から要請が来た。宮沢りえは当時18歳。91年11月に『Santa Fe』でヌードになり、それが社会現象になっていた頃です。

 宮沢の光子ママに出演依頼したところ、『ジャンボが紙上ゴルフレッスンするなら出てやる』とのこと。要するに、断るために一番できそうもない無理難題を吹っかけてきたわけです。当時、プロゴルファーと女優や歌手の紙上レッスンは、野球のオフシーズンの定番企画でしたが、どうしても出てくれないのがジャンボでした。ジャンボは『女性と子供には教えない』と強いポリシーがあったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る