新ジャンル首位「クリアアサヒ」が追求したのは食との相性

公開日: 更新日:

 爽快なキレと飲み応えで支持を獲得。アサヒビールの新ジャンル「クリアアサヒ」が好調だ。「クリアアサヒ プライムリッチ」や「クリアアサヒ 贅沢ゼロ」も大きな戦力となり、昨年は過去最高の3585万ケースを販売。2008年の発売以来、初めて新ジャンルのトップに躍り出た。

 市場への参入は05年。新ジャンルは酒税法上、麦芽以外を原料とする「その他の醸造酒(発泡性)」と、麦芽を原料とした発泡酒に麦スピリッツを加えた「リキュール(発泡性)」に分類されるが、当時の主流は前者で、アサヒも大豆ペプチドを原料とする「新生」などを展開していたが、なかなかシェアを伸ばせずにいた。そこで原点回帰。「ビールメーカーなのだから、やっぱり麦で勝負しよう」と後者に舵を切る。

「新ジャンルに求められているものは何か。改めて徹底的に調査すると、麦の味わいとすっきりとした後味に行き着いた。これはアサヒの得意とするところ。長年培ってきた技術力を生かせば、納得の味ができると確信した」(マーケティング本部の古澤毅氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る