新ジャンル首位「クリアアサヒ」が追求したのは食との相性

公開日:

 爽快なキレと飲み応えで支持を獲得。アサヒビールの新ジャンル「クリアアサヒ」が好調だ。「クリアアサヒ プライムリッチ」や「クリアアサヒ 贅沢ゼロ」も大きな戦力となり、昨年は過去最高の3585万ケースを販売。2008年の発売以来、初めて新ジャンルのトップに躍り出た。

 市場への参入は05年。新ジャンルは酒税法上、麦芽以外を原料とする「その他の醸造酒(発泡性)」と、麦芽を原料とした発泡酒に麦スピリッツを加えた「リキュール(発泡性)」に分類されるが、当時の主流は前者で、アサヒも大豆ペプチドを原料とする「新生」などを展開していたが、なかなかシェアを伸ばせずにいた。そこで原点回帰。「ビールメーカーなのだから、やっぱり麦で勝負しよう」と後者に舵を切る。

「新ジャンルに求められているものは何か。改めて徹底的に調査すると、麦の味わいとすっきりとした後味に行き着いた。これはアサヒの得意とするところ。長年培ってきた技術力を生かせば、納得の味ができると確信した」(マーケティング本部の古澤毅氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る