新ジャンル首位「クリアアサヒ」が追求したのは食との相性

公開日: 更新日:

 爽快なキレと飲み応えで支持を獲得。アサヒビールの新ジャンル「クリアアサヒ」が好調だ。「クリアアサヒ プライムリッチ」や「クリアアサヒ 贅沢ゼロ」も大きな戦力となり、昨年は過去最高の3585万ケースを販売。2008年の発売以来、初めて新ジャンルのトップに躍り出た。

 市場への参入は05年。新ジャンルは酒税法上、麦芽以外を原料とする「その他の醸造酒(発泡性)」と、麦芽を原料とした発泡酒に麦スピリッツを加えた「リキュール(発泡性)」に分類されるが、当時の主流は前者で、アサヒも大豆ペプチドを原料とする「新生」などを展開していたが、なかなかシェアを伸ばせずにいた。そこで原点回帰。「ビールメーカーなのだから、やっぱり麦で勝負しよう」と後者に舵を切る。

「新ジャンルに求められているものは何か。改めて徹底的に調査すると、麦の味わいとすっきりとした後味に行き着いた。これはアサヒの得意とするところ。長年培ってきた技術力を生かせば、納得の味ができると確信した」(マーケティング本部の古澤毅氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  10. 10

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

もっと見る