東西「道の駅」ベスト10 訪問経験950超の達人が推薦

公開日:

 1134カ所――。全国に広がる道の駅は、いまなおその数を増やし続けている。同時に、地元産品を使ったグルメや入浴施設の併設など、産直野菜の直売以外の目玉が次々に誕生。後発駅も知恵を絞り、「休む」や「買う」に加えて、「食べる」や「楽しむ」の要素もグンと広まりつつある。

 GW真っただ中。マイカーで帰省したり、出かける機会も多い。今回は、950駅を超える道の駅の訪問経験があり、「道の駅 旅案内全国地図」(ゼンリン)編集長を務める守屋之克氏を直撃した。東日本と西日本のエリア別に“もう一度行ってみたいオススメ駅”を聞いた。 (取材・文 関根一郎)

「まずは、“道の駅象潟ねむの丘”。秋田の日本海側、高台にある施設の4階に日帰り温泉があって、そこから眺める日本海に沈む夕日は最高。疲れも吹っ飛びます」

 入浴料は1回350円。浜辺に下りて波際を歩くこともできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る