• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

 乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。圧倒的強さを誇ったトヨタの“プリウス&アクア連合”の牙城が崩れているのだ。

 先月発表の「乗用車車名別販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会、2018年3月期)によると、トップ5は次の通り。

1位…ノート(日産)    1万9356台
2位…プリウス(トヨタ)  1万5688台
3位…セレナ(日産)    1万5080台
4位…アクア(トヨタ)   1万4778台
5位…フィット(ホンダ)  1万2503台

 日産「ノート」は、同社が独自に開発した電気自動車の新しいハイブリッドシステムの一種、「e―POWER」が好評で3カ月連続のトップ。昨年、検査不正問題による出荷停止の影響で一時的に数字が落ち込んだものの、9月までに4回の月間販売台数トップを獲得した実力で巻き返しモードに入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る