販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

公開日:

 乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。圧倒的強さを誇ったトヨタの“プリウス&アクア連合”の牙城が崩れているのだ。

 先月発表の「乗用車車名別販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会、2018年3月期)によると、トップ5は次の通り。

1位…ノート(日産)    1万9356台
2位…プリウス(トヨタ)  1万5688台
3位…セレナ(日産)    1万5080台
4位…アクア(トヨタ)   1万4778台
5位…フィット(ホンダ)  1万2503台

 日産「ノート」は、同社が独自に開発した電気自動車の新しいハイブリッドシステムの一種、「e―POWER」が好評で3カ月連続のトップ。昨年、検査不正問題による出荷停止の影響で一時的に数字が落ち込んだものの、9月までに4回の月間販売台数トップを獲得した実力で巻き返しモードに入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る