今年で35周年 “ディズニー芸人”が教える待たずに遊ぶ方法

公開日: 更新日:

撮影はグッズを付けて

 人気のキャラクターと一緒に写真を撮るときもコツがある。

「順番待ちの輪に入れずに諦めてしまうこともあるでしょうが、写真撮影の確率の上がる方法があります。それはカチューシャを着けること。ワンポイントでグッズを着けている人は、彼らにいじられることが多い。とくに、ミッキーが出てきたときにミニーのカチューシャを着けていると、ミッキーのテンションは上がりやすい。ちなみに僕は毎年、自分の年齢と同じ数のキャラクターと写真を撮っています。今年は35歳なので35体撮る予定ですよ」

 キャラクターがいなくても、園内で面白い写真を撮影することは可能だ。

「ちょっとした工夫で盛り上がりますよ。たとえば、アトラクション『フィルハーマジック』の建物の柱には王冠が浮いているんですが、その前で遠近法を使うと王冠をかぶっているような写真が撮れます。あとは、アリスの『マッドハッター』というキャラクターがお茶会を楽しんでいるモニュメントでも、遠近法でお茶を飲んでいるふうに撮れます。イマジネーションを働かせて自分なりのスポットを探すのも楽しいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  7. 7

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  8. 8

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  9. 9

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  10. 10

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

もっと見る