須田鷹雄さん<4>「コロ2」の恩恵で関西遠征はグリーン車

公開日: 更新日:

 都市部出身者は地方支社へ、地方出身者は都市部の支社へ――。

 須田さんが入社する前は、そんな配属の慣例があったそうだが、それが崩れつつあったことで東京生まれの須田さんは西船橋駅への配属が決まる。

「もし配属が青森だったら、決まった時点でライターを辞めてJR東日本のサラリーマン人生をまっとうしていたかもしれません。幸か不幸か、西船だったので、二足のワラジ生活が続くことになります」

 無謀な生活が折り合いやすい勤務体系だったことも大きかったという。

「勤務のローテーションは、毎月助役が作成するんですが、あらかじめダメな日を伝えておくと、考慮してもらえました。夜勤が明けると、その日は丸々自由に使えるのもよかった。そうやって、平日の非番の日に集中的にライター業をこなしていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る