曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

SABOR(有馬)希少な高級肉で作ったご当地バーガー

公開日:  更新日:

 最近は個性的なハンバーガーが人気だそうで、テレビでもよく紹介されている。有馬玩具博物館2階に3月にお目見えした「サボール」は、有馬温泉ならではのハンバーガーを提供するレストランだ。

 同店の最大の特徴は、使用する牛肉に但馬玄を選んでいる点。但馬玄とは、但馬牛を素牛とし、エサをゴマやそば、粟などに代えることで脂分があっさりした肉質が得られたもの。国内和牛の2.5%しか生産されていない希少品なのだが、系列の「御所坊」が半頭買い仕入れを行っているために赤身などがミンチ肉にして回ってくる。

「サボール」では、この高級牛肉を惜しげもなくパティにし、つなぎもほぼない肉々しいハンバーガーにしている。

 中でも有馬温泉らしく金泉・銀泉をテーマにしたハンバーガーがユニーク。金泉バーガーは但馬玄のパティを生姜味噌ソースで調味。トマト、レタス、玉ねぎとともにゴマたっぷりのバンズで挟んでいる。一方、銀泉バーガーは、イングリッシュマフィンで但馬玄パティを挟んだもの。有馬らしく山椒ソースを塗り、炭酸煎餅フレークも加えながら温泉情緒の印象づけた一品にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る