周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

中国人ホテル王 私費留学で来日時の所持金は5000円だった

公開日: 更新日:

「Nはもともとピアニストを目指して東京にやってきたが、生活費を稼ぐため、来日した翌日から先輩の斡旋で牛乳配達のアルバイトをせざるを得なかった。日本語学校に近い新宿・百人町、新大久保と不夜城の歌舞伎町が担当のエリアだった。ところが、彼は天性の商売人なのか、学校に通い始めて1年もしないうちに、学業そっちのけで商売の道を歩み始めたのさ」

 20代の半ば、商売のイロハも知らなかった頃、N氏が初めて手掛けたのは中華料理店の経営だった。大半の中国人はまずそれを思いつくが、N氏はそれだけにとどまらなかった。何をやれば儲かるか? 彼はいち早く情報をキャッチしては実行に移した。儲けたカネを新事業に迷わず投資していったのである。

 日本語学校、中国語新聞社、航空券販売店、イカ釣り漁船、ウナギ養殖場、産業技術展示館、ビジネスコンサルタント会社……。次々と新しいビジネスに参入し、順調に事業を拡大していったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る