青島健太さんが正月食べ続けた 郷土・新潟料理「のっぺ」

公開日: 更新日:

「だから、僕が野球をやるのもプロに入るのも反対。進学校から慶応大学に進んで東芝に入った時は、一生安泰と思ったみたいですね」

 両親との葛藤は子供の頃からあった。

「両親は仲が良くなくて、よくケンカをしていました。僕に対しては口やかましくはしないけど、優しくもなかった。だから僕もそんな両親を少し突き放して見ていましたね。ただ子供の頃から体が大きく力も強かったから、両親と心理的に距離を置かずに熱くなっていたら、親が大ケガをしていたでしょう」

 小学校卒業時には172センチもあった。よく食べたのだ。

「1回4合の米を炊いても家族で全部食べ切っていた。近所のお米屋さんに、毎月30~40キロのコシヒカリをオーダーしていたので、高校を卒業して実家を出たら、10キロしか注文しなくなって米屋が『何かあったのか』と不審がったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る