“まねきねこ”と“ビッグエコー” 社員待遇はどちらに軍配?

公開日:

 シダックスがカラオケ事業からの撤退を発表しましたが、まだまだカラオケは身近で手軽なレジャーとして人気です。今回は業界大手の「コシダカHD」と「第一興商」の社員待遇を比較してみます。

 コシダカHDは1967年創業、東京・港区に本社を置きます。「カラオケ まねきねこ」とフィットネスチェーン「カーブス」を傘下に持つ持ち株会社です。

 一方、1971年創業の第一興商は品川区に本社を置く業界最大手です。ビッグエコーのカラオケ事業のほか、放送事業、駐車場事業も手がけ、日本クラウン、徳間ジャパンコミュニケーションズのレコード会社も傘下に収めています。

 前期の連結売上高はコシダカが553億円。第一興商は850億円ほど多い1406億円です。経常利益についても64億円のコシダカに対し、225億円で上回りました。社員の給与はどうでしょうか。有価証券報告書によると、コシダカ社員の平均年収は777万円、対する第一興商は609万円となっています。これらのデータを基に年齢別の推定年収を試算すると、40歳時が一番差が大きく、コシダカ社員が769万円、第一興商社員は612万円で、約157万円の開きとなります。生涯給与はこうなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る