“まねきねこ”と“ビッグエコー” 社員待遇はどちらに軍配?

公開日: 更新日:

 シダックスがカラオケ事業からの撤退を発表しましたが、まだまだカラオケは身近で手軽なレジャーとして人気です。今回は業界大手の「コシダカHD」と「第一興商」の社員待遇を比較してみます。

 コシダカHDは1967年創業、東京・港区に本社を置きます。「カラオケ まねきねこ」とフィットネスチェーン「カーブス」を傘下に持つ持ち株会社です。

 一方、1971年創業の第一興商は品川区に本社を置く業界最大手です。ビッグエコーのカラオケ事業のほか、放送事業、駐車場事業も手がけ、日本クラウン、徳間ジャパンコミュニケーションズのレコード会社も傘下に収めています。

 前期の連結売上高はコシダカが553億円。第一興商は850億円ほど多い1406億円です。経常利益についても64億円のコシダカに対し、225億円で上回りました。社員の給与はどうでしょうか。有価証券報告書によると、コシダカ社員の平均年収は777万円、対する第一興商は609万円となっています。これらのデータを基に年齢別の推定年収を試算すると、40歳時が一番差が大きく、コシダカ社員が769万円、第一興商社員は612万円で、約157万円の開きとなります。生涯給与はこうなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る