大阪府職員は訓告処分に 「喫煙離席」どこまで許されるか

公開日:

 大阪府の健康医療部の男性職員(49)が、たばこを吸うため、勤務時間中に繰り返し無断で職場を抜け出し、訓告処分になった問題。

 処分は4月16日付で、職員は同日、依願退職したという。府が5日、明らかにした。

 府によると、今年3月上旬に公益通報があり、健康医療部の他の職員が勤務中の行動を確認したところ、府庁の近くにある民間ビルの喫煙室で喫煙していることが判明。まあ、庁舎内は全面禁煙だから、抜け出すしかなかったようだ。

「本人から聞き取り調査もした結果、2016年4月から2年間で、計約440回、100時間以上、喫煙のために職場を離れていたことが分かりました。本人は『仕事でストレスがたまっていました』と話しています。なぜ依願退職? 本人ではないので、答えようがありません」(総務部人事課担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る