【ビーフテプス(肉野菜炒め)】味の決め手はニンニク

公開日: 更新日:

 ワンダサンさんの出身地エチオピアで「ビーフテプス」とは、牛肉を使った肉野菜炒めのこと。現地ではヤギや羊、鶏など、いろいろな肉を使用するが、簡単なツマミなら牛が一番だそうだ。

「店では、オリジナルスパイスで漬け込んだラムと野菜を合わせる炒め物も人気ですが、牛肉ならその手間がいらず調理が楽ですから」

 日本で肉野菜炒めというと、キャベツとモヤシ、ニンジンなどを中心に、店や家庭によってはニラやキノコ類なども一緒に肉と炒める。五目や八宝菜に近いが、エチオピア風肉野菜炒めは至ってシンプル。

「合わせる野菜はタマネギとピーマンだけ。十分おいしいですよ」

 なるほど、一口食べると、味の決め手はニンニクだった。しっかりと細かくみじん切りにすることで、ニンニクの風味がそれぞれの食材によく絡んでいる。その味を補強するのが、ほんの少しの塩とコショウだ。ビールに最適。赤ワインでもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る