• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ビーフテプス(肉野菜炒め)】味の決め手はニンニク

 ワンダサンさんの出身地エチオピアで「ビーフテプス」とは、牛肉を使った肉野菜炒めのこと。現地ではヤギや羊、鶏など、いろいろな肉を使用するが、簡単なツマミなら牛が一番だそうだ。

「店では、オリジナルスパイスで漬け込んだラムと野菜を合わせる炒め物も人気ですが、牛肉ならその手間がいらず調理が楽ですから」

 日本で肉野菜炒めというと、キャベツとモヤシ、ニンジンなどを中心に、店や家庭によってはニラやキノコ類なども一緒に肉と炒める。五目や八宝菜に近いが、エチオピア風肉野菜炒めは至ってシンプル。

「合わせる野菜はタマネギとピーマンだけ。十分おいしいですよ」

 なるほど、一口食べると、味の決め手はニンニクだった。しっかりと細かくみじん切りにすることで、ニンニクの風味がそれぞれの食材によく絡んでいる。その味を補強するのが、ほんの少しの塩とコショウだ。ビールに最適。赤ワインでもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る