• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【新じゃがとバジルとブルーチーズのジェノバ風】余ったバゲットを有効活用

 家庭用にバゲットを買ったら、余らせてしまう。フランスパンは少量でも食べ応えがあって、なかなか減らない――。そんなバゲットを活用し、ホームパーティーの定番、カナッペをイメージした逸品だ。春先から夏場にかけて旬の新じゃがは、水分量も多いので、舌触りはしっとり。歯応えのあるフランスパンとのコントラストが面白い。

「チーズはバジルとも、じゃがいもとも相性がいいんです。味に深みを足すためにアンチョビーとニンニクを混ぜています。各具材をもっと小さく刻んで、食パンの上にのせて焼くと、ピザトースト風になります」

 バゲットはかぶりついても、つまめる大きさにカットしてもOK。味はしっかりめなので、ハイボールや白ワインのスッキリした酒が恋しくなる。

《材料》
・新じゃが 2個
・ニンニク 半分

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る