【とり胸肉の低温調理サラダ】風味増すカレーソースがポイント

公開日:

 晩酌はやめられないけどお腹回りが気になる。そんな悩みを解消してくれるメニューだ。鈴木シェフが、家庭で簡単にできるように考えてくれた。

 失敗しないコツは、袋をキツくしばり、空気をしっかり抜いて真空状態にすること。使うのは、台所用のビニール袋で問題ない。2枚重ねておけば安心だ。芯まできれいなピンク色になり、絶妙な加減で火が通っている。自宅でも、あのしっとりした食感が実現するからうれしい。

 でも一番、感動したのはソース。濃厚な赤ワインにも負けない風味豊かなカレー味だ。

「とり肉は淡泊なので、ソースにインパクトを出しました。『食べた』と満足感が出るんです。カレーは好きな人も多いので、おつまみはもちろん、食卓でたまにこういうサラダが出ると『おっ!』と言われると思います」

 盛りつけもこだわれば、子供にもねだられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る