• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【とり胸肉の低温調理サラダ】風味増すカレーソースがポイント

 晩酌はやめられないけどお腹回りが気になる。そんな悩みを解消してくれるメニューだ。鈴木シェフが、家庭で簡単にできるように考えてくれた。

 失敗しないコツは、袋をキツくしばり、空気をしっかり抜いて真空状態にすること。使うのは、台所用のビニール袋で問題ない。2枚重ねておけば安心だ。芯まできれいなピンク色になり、絶妙な加減で火が通っている。自宅でも、あのしっとりした食感が実現するからうれしい。

 でも一番、感動したのはソース。濃厚な赤ワインにも負けない風味豊かなカレー味だ。

「とり肉は淡泊なので、ソースにインパクトを出しました。『食べた』と満足感が出るんです。カレーは好きな人も多いので、おつまみはもちろん、食卓でたまにこういうサラダが出ると『おっ!』と言われると思います」

 盛りつけもこだわれば、子供にもねだられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る