カップルに人気でも 夫婦2人で沖縄旅行が毛嫌いされるワケ

公開日:

 東京では梅雨が明け、もうすぐ待ちに待った夏休み。各家庭では旅行の行き先について考え始めていることだろう。市場調査会社「インテージ」が夏の旅行先の満足度ランキングを発表した。

 予想通り、トップは沖縄。万座ビーチや美ら海水族館などサマーバケーションにぴったりなスポットが思い浮かぶ。

 沖縄を旅行先に選ぶ人の特徴は、3泊4日以上の長期滞在が多く、他のエリアの平均2.4日を1.4日ほど上回る3.8日。海水浴やスキューバダイビング、シュノーケリングなどアクティブに楽しむのか、祖父母も含めた「親子3代」、「カップル」に絶大な人気を誇っている。ところが、「夫婦のみ」で沖縄に行く人となると、どうしたわけか極端に少なくなる。夫婦の人気1位は北海道だ。

 ラジオパーソナリティーの沖直実氏は「夫婦で沖縄3泊は“つらい”」とその理由をこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る