• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

文科省も後押し 夏休み短期留学ブームに頭抱える人事担当

 今春卒業した大学生の就職率は過去最高の98%を記録。超売り手市場とはいえ、誰もが目指す大手企業に入れるわけじゃない。政府や大学側も、ライバルと差をつけさせるために“海外留学”プログラムを増やしているという。

 実際、「就職活動と留学に関する意識調査」(「トビタテ!留学JAPAN」調べ)によると、企業の採用担当者(400人)の63.6%が留学経験者を積極的に採用する意向といい、「留学経験者の採用割合が増えている」と答えたのは55.3%に上った。

 大学ジャーナリストの石渡嶺司氏がこう言う。

「この調査では留学経験がある大学生は3%でした。若い世代が内向きで海外留学が“物珍しく”なってきたのも、評価される理由でしょう。海外で生活することで、外国人と臆せずコミュニケーションできる能力や英語力などが期待できる。国内企業でも金融や商社のほか、インバウンド対策をしたい流通業に留学経験は好まれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る