文科省も後押し 夏休み短期留学ブームに頭抱える人事担当

公開日: 更新日:

 今春卒業した大学生の就職率は過去最高の98%を記録。超売り手市場とはいえ、誰もが目指す大手企業に入れるわけじゃない。政府や大学側も、ライバルと差をつけさせるために“海外留学”プログラムを増やしているという。

 実際、「就職活動と留学に関する意識調査」(「トビタテ!留学JAPAN」調べ)によると、企業の採用担当者(400人)の63.6%が留学経験者を積極的に採用する意向といい、「留学経験者の採用割合が増えている」と答えたのは55.3%に上った。

 大学ジャーナリストの石渡嶺司氏がこう言う。

「この調査では留学経験がある大学生は3%でした。若い世代が内向きで海外留学が“物珍しく”なってきたのも、評価される理由でしょう。海外で生活することで、外国人と臆せずコミュニケーションできる能力や英語力などが期待できる。国内企業でも金融や商社のほか、インバウンド対策をしたい流通業に留学経験は好まれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る