• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セゾンvsユニー・ファミマ サッカー代表スポンサー対決

 サッカーW杯で激闘を演じた日本代表が帰国し、成田空港では約800人のファンが出迎えました。サポーターたちは声援で、また金銭面で援助をしたのが、8社ある日本代表サポーティングカンパニーのうちの2社、「クレディセゾン」と「ユニー・ファミリーマートHD」です。両社の社員待遇を比較してみました。

 クレディセゾンは1946年創業の和洋家具店「岡本商店」が前身。その後、緑屋に改編しましたが、その緑屋が68年に西武百貨店と資本提携したことからセゾングループ入りし、その後、西武クレジットを経て現在のクレディセゾンとなりました。「JAPANカードセゾン」を発行し、利用金額の一部を日本サッカー協会(JFA)に寄付する活動もしています。

 一方、ユニー・ファミリーマートHDは、2016年にファミリーマートと、サークルKサンクスのユニーが経営統合して誕生した会社です。ファミリーマートは、もともとセゾングループの一員でした。JFAとのサポーティングカンパニー契約は01年からで、コンビニではブルーのユニホームを着た店員が接客にあたっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る