• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セントラル vs ルネサンス 健康志向で増収増益2社の給与は

 世の健康ブームもあり、フィットネスジムの市場は拡大を続けています。今回はその大手である「セントラルスポーツ」と「ルネサンス」の社員待遇を比較してみます。

 セントラルスポーツは東京五輪の水泳選手だった後藤忠治氏(現会長)らによって1969年に設立され、全国に209店舗(17年3月時点)を有するフィットネスクラブの草分け的企業です。用品販売や不動産賃貸のほか、介護予防事業も行っています。

 対するルネサンスは墨田区両国に本社を置き、全国159施設(17年9月時点)を誇ります。スポーツクラブ運営のほか、やはり介護関連事業も手掛けています。

 前期の連結売上高はセントラルスポーツが535億円、ルネサンスが462億円。経常利益は39・8億円と38億円で、共に増収増益を記録しています。社員給与はどうでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る