長期入院の脳梗塞 治療からリハビリまでの総費用は200万円

公開日: 更新日:

 KEIKOは2011年、脳卒中(脳血管障害)のひとつ、くも膜下出血に倒れた。

 脳血管疾患の総患者数は117万9000人(厚労省/2014年患者調査の概況)。同疾患はほかに脳出血、脳梗塞が含まれるが、全体の6割以上が脳梗塞の患者だ。有名人では、5月に死去した歌手の西城秀樹さん(享年63)は2度発症しているし、巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄(82)やサッカー元日本代表監督のイビチャ・オシム(77)も過去に患っている。

 脳梗塞の特徴は、治療しても後遺症が残るリスクが高いこと。そのため基本的には、発症から48時間以内の急性期にリハビリを開始することが求められる。今回は、入院↓手術からリハビリまでの総費用を考えたい。

「2015年度 医療給付実態調査」によると、脳梗塞の1人あたりの入院日数は平均21日、入院診療費用の平均額は約61万円(公的医療保険と高額療養費制度適用前)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る