同僚らが「病気休暇」寄付…がん闘病の米警官に広がる支援

公開日:

 がんで闘病している米イリノイ州の警察官に対する同僚らの支援に共感の輪が広がっている。

 CBSのイブニングニューズ(19日付電子版)などによると、同州のリバーサイド市警に勤務するクリス・クドゥラさん(46)は昨年11月、「転移性乳頭状腎細胞がん」という極めてまれな腎臓がんと診断された。ステージは4。

 月に2回、化学療法を受けなくてはならないのだが、問題があった。クドゥラさんは2003年から同州の複数の警察で勤務していたが、同市警に再雇用され、勤務し始めたのが昨年3月だったため、治療のために必要な病気休暇がなかったのだ。

 同市警のトム・ウェイツェル署長に相談したところ、「何とかしてみよう」との答え。

 そして、ウェイツェル署長からクドゥラさんの事情を知らされた数多くの同僚たち、さらに市役所の職員などから「俺の病気休暇を使ってくれ」といった申し出が相次ぎ、約半年分の病気休暇が集まったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る