同僚らが「病気休暇」寄付…がん闘病の米警官に広がる支援

公開日: 更新日:

 がんで闘病している米イリノイ州の警察官に対する同僚らの支援に共感の輪が広がっている。

 CBSのイブニングニューズ(19日付電子版)などによると、同州のリバーサイド市警に勤務するクリス・クドゥラさん(46)は昨年11月、「転移性乳頭状腎細胞がん」という極めてまれな腎臓がんと診断された。ステージは4。

 月に2回、化学療法を受けなくてはならないのだが、問題があった。クドゥラさんは2003年から同州の複数の警察で勤務していたが、同市警に再雇用され、勤務し始めたのが昨年3月だったため、治療のために必要な病気休暇がなかったのだ。

 同市警のトム・ウェイツェル署長に相談したところ、「何とかしてみよう」との答え。

 そして、ウェイツェル署長からクドゥラさんの事情を知らされた数多くの同僚たち、さらに市役所の職員などから「俺の病気休暇を使ってくれ」といった申し出が相次ぎ、約半年分の病気休暇が集まったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る