視覚障害の仏人男性が「世界最大の塩湖横断」を始めたワケ

公開日:  更新日:

 ボリビア中央西部に広がる「ウユニ塩湖」。その名の通り、標高約3700メートルにある南北約100キロ、東西約250キロの世界最大の“塩の大地”だ。

 その「真っ白な砂漠」を、視覚障害を持つ男性がGPS音声ナビを頼りに7日間で走破するチャレンジを17日にスタートさせ、注目を集めている。

 ボリビアのチスパTV(17日付電子版)などによると、この男性はフランス西部ナントの盲学校で教師をしているアルバール・テシエさん。

 目的は「障害がある人間に何が達成可能か」を世界中に知らせること。

 テシエさんまだかすかに視覚が残っているが、間もなく全盲になってしまうそうで、そうなる前に、このチャレンジを成功させたいと、ここ2年ほどトレーニングを積んできた。

 17日の気温はマイナス5度。天候によってはマイナス20度まで下がる可能性があるが、塩湖全体の高低差がわずか50センチというのが有利な点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る