視覚障害の仏人男性が「世界最大の塩湖横断」を始めたワケ

公開日: 更新日:

 ボリビア中央西部に広がる「ウユニ塩湖」。その名の通り、標高約3700メートルにある南北約100キロ、東西約250キロの世界最大の“塩の大地”だ。

 その「真っ白な砂漠」を、視覚障害を持つ男性がGPS音声ナビを頼りに7日間で走破するチャレンジを17日にスタートさせ、注目を集めている。

 ボリビアのチスパTV(17日付電子版)などによると、この男性はフランス西部ナントの盲学校で教師をしているアルバール・テシエさん。

 目的は「障害がある人間に何が達成可能か」を世界中に知らせること。

 テシエさんまだかすかに視覚が残っているが、間もなく全盲になってしまうそうで、そうなる前に、このチャレンジを成功させたいと、ここ2年ほどトレーニングを積んできた。

 17日の気温はマイナス5度。天候によってはマイナス20度まで下がる可能性があるが、塩湖全体の高低差がわずか50センチというのが有利な点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る