視覚障害の仏人男性が「世界最大の塩湖横断」を始めたワケ

公開日:  更新日:

 ボリビア中央西部に広がる「ウユニ塩湖」。その名の通り、標高約3700メートルにある南北約100キロ、東西約250キロの世界最大の“塩の大地”だ。

 その「真っ白な砂漠」を、視覚障害を持つ男性がGPS音声ナビを頼りに7日間で走破するチャレンジを17日にスタートさせ、注目を集めている。

 ボリビアのチスパTV(17日付電子版)などによると、この男性はフランス西部ナントの盲学校で教師をしているアルバール・テシエさん。

 目的は「障害がある人間に何が達成可能か」を世界中に知らせること。

 テシエさんまだかすかに視覚が残っているが、間もなく全盲になってしまうそうで、そうなる前に、このチャレンジを成功させたいと、ここ2年ほどトレーニングを積んできた。

 17日の気温はマイナス5度。天候によってはマイナス20度まで下がる可能性があるが、塩湖全体の高低差がわずか50センチというのが有利な点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る