子供が大好き「サンリオ」vs「タカラトミー」の社員待遇

公開日:

 サンリオは、1960年、山梨シルクセンターとして創業。その後、キャラクター商品開発に乗り出し、73年に現在のサンリオに社名変更しました。ハローキティなどファンシーキャラクターグッズが有名なほか、サンリオピューロランド(東京)、ハーモニーランド(大分)などのテーマパーク事業も手掛けます。

 一方、東京都葛飾区に本社を置くのが玩具メーカーのタカラトミーです。06年にタカラとトミーが合併することで誕生しました。「ファービー」「リカちゃん」人形、「トミカ」「プラレール」「チョロQ」などの人気商品を開発しました。

 前期の連結売上高はサンリオの602億円に対し、タカラトミーが1773億円で大きく上回ります。経常利益も60億円と124億円で倍以上の差があります。

 有価証券報告書(17年度期)によると、社員の年間平均給与はサンリオが742万円、タカラトミーが684万円でした。これらのデータを基に年齢別の推定年収を試算すると、45歳まではサンリオが上回っていますが、50歳ではサンリオ763万円、タカラトミー770万円で逆転します。 生涯給与はこうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る