橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

愛した昔の女や亡くした伴侶へ…「贖罪の期限」はあるのか

公開日:

 65歳の知人男性が絵画の個展を開いた。本業は老舗の酒屋だが、趣味で描いた作品が20点ほど展示してあった。すべて女の顔だ。

「なぜ、女の顔ばかりなの?」と聞いてみた。彼は「贖罪のつもりで……」と言う。

「えっ、しょくざい?」

 贖罪とは罪滅ぼしのことだ。

「ここ数年、寝る前に裏切った女の顔が浮かび、夢にも登場するので」という。そこで、昔の女たちに謝罪しながら、女の顔を描くことにしたそうだ。裏切った女の顔を描くことが贖罪になるとは思えないが、何人の女を裏切ったのだろうか。

 そんなことなら僕も同じだ。だが、寝る前に顔は浮かばない。夢にも出てこない。昔を思い出すことは「回想法」につながり、脳細胞の活性化に役立つことは以前も書いたが、それは過去の楽しかった思い出に限る。謝らなければならない女を思い出すのは、逆効果になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る