• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【夏ヒラメと薬味野菜のカルパッチョ】たっぷりの季節の薬味が白身魚を飾る

 川口シェフは、大阪のフランス料理専門カレッジを卒業後、フランス・ブルゴーニュの1つ星レストランで修業。帰国後は、人気テレビ番組「料理の鉄人」出場経験もあるシェフに師事し、いくつかのレストランの料理人を経験した後、18年前「ボワ ヴェール」へ。

 当時のオーナーは以前の職場のソムリエ。川口シェフは、腕を見込んで招かれた形だ。ところが思ったように客足が伸びない。悩んでいたところ、オーナーが銀座へ飲みに誘ってくれた。いろいろ話すうち、オーナーが青森県の津軽地方、リンゴ栽培が盛んな浪岡出身だと分かった。

 もしかして、津軽弁使えるんですか? そう聞くと、当たり前だよ、とオーナーは津軽弁で話し出した。

「感動しました。リエゾン(フランス語の連声の一種)があり、まさにフランス語! それまで青森のことをほとんど知りませんでしたし、僕は関西人。でも、オーナーの出身地である青森をメインに考えていけばいいのではないか、と。青森の郷土料理を現代風に変えたフランス料理をこれから出していこう、その時決心したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る