• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【コンビーフのリエット仕立て】前菜でもサンドイッチでも

「『ダンツマ』っていう男らしいタイトルにぴったりだなと思って」

 オーナーシェフの田口氏が目尻を下げながら教えてくれたのが、このレシピだ。少ない材料をただ混ぜ合わせるだけ。疲れて帰宅したときも簡単にアテを作れる。肉料理を得意とする田口シェフのアイデアにかかれば、瞬く間に本格派のリエットにありつける。

 塩漬けした牛肉のうま味をギュッと詰め込んだコンビーフの缶詰。しかも、大手老舗メーカーのそれは味が完成されているため、新たに塩を加える必要もない。他の調味料も必要最小限で済む。

 しいてコツをあげるとすれば、「マヨネーズはカロリーや糖質がオフされたものではないものを使うこと。それに、前日や朝に作り置きなどせず、食べる前に作るということぐらいかな」(田口シェフ)。

 牛の生乳で作られたフロマージュブランは、やや硬めのヨーグルトのような見た目のフレッシュチーズ。少量カップ入りで近所のスーパーで売られているのを見かけても、実際に買い物かごに入れるのをちゅうちょした人も少なくないのでは。だが、これほどコンビーフとマッチするとは驚いた。薄ピンク色で、見るからに食欲をそそるが、口の中に濃厚な肉のうま味がじわ~っと広がる。滑らかな舌触り、思わず頬が緩んでしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る