甲子園の公式スポンサー 三菱電機と東芝の社員待遇を比較

公開日:

 大手重電3社の一角として日本の産業を牽引してきた「三菱電機」と「東芝」。夏の甲子園が開幕しましたが、両社は阪神甲子園球場のオフィシャルスポンサーを務めています。社員の待遇を比較してみましょう。

 三菱電機は1921(大正10)年に三菱造船より分離独立して創業。丸の内に本社を置く、大手重電3社(他は日立製作所)の1社です。家電から人工衛星まであらゆる製品を製造し、多くの産業用電気機器で国内トップシェアを誇ります。

 対する東芝は、1875(明治8)年創業、芝浦に本社を置きます。冷蔵庫、洗濯機など国産化第1号製品が多い白物家電のパイオニアですが、2年前に中国の美的グループに売却されました。 前期の売上高は、三菱電機が4兆4311億円、東芝が3兆9475億円です。当期利益は三菱が2718億円、東芝は前々期のマイナス9656億円が8040億円になっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る