曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

アグネス・ポーチュギーズベイクショップ・カフェ(北堀江)ハワイ発穴あきマラサダドーナツ

公開日:

 ハワイ発のマラサダドーナツが食せると話題なのが北堀江にある「アグネス・ポーチュギーズベイクショップ・カフェ」だ。マラサダドーナツとは、ポルトガル発祥のお菓子。1800年代後半にポルトガルからの移民が伝えたものだが、なぜかハワイでブレーク。今ではハワイアンフードの代表とも呼ばれている。強力粉やイーストなどを混ぜて発酵させた生地を揚げ、砂糖やシナモンで味付けるのが一般的な作り方。店によって個性が異なるためハワイではいろんなマラサダが売られている。

 北堀江で供されているそれは、ハワイ・カイルアにあった「アグネス・ポーチュギーズベイクショップ」のもので、北堀江店のスタッフがどうしても持って来たくて同店のオーナーを口説いたのがきっかけ。

「一般的なマラサダは丸い形のものが多いのですが、当店はドーナツらしく穴があいた形状。外はサクッと、中はふんわりとし、その食感の違いが楽しめます」と北堀江店の栗原理一さんは言う。ドーナツといっても揚げパンに近く、一般のドーナツのような硬さもなく、ふんわりもちもちしているのが特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る