スーな洗い上がりが爽快 クールシャンプー猛暑でバカ売れ

公開日: 更新日:

 ポンプ付きの容器には「毛穴のアブラもニオイもスッキリ」と書いてある。汗っかきの50代にはピッタリかもしれない。

 同僚数人に確認すると、シーブリーズ(資生堂)の使用者も数人いた。スースー感愛好家はけっこういるとみた。

 その売り場で、もう1種類気になったのが、カネボウ化粧品のブランド、リサージの「ヴォーニュ」シャンプー。担当者は、「サクセスに比べると爽快感は薄いですが、ヘアケアに加えて頭皮のケアもできます」と、記者の頭をチラ見しながら説明する。

 女性向けブランドだが、植物由来の洗浄・保湿成分を含み、汗のニオイや抜け毛対策効果も期待できるため男性利用者も確実にいるという。

 50歳以上になると、頭皮ケアもポイントか。紫外線が多い季節は、毛髪も頭皮もダメージを受けやすい。残暑はこれからだ。クールシャンプーで乗り切ろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る